溶射技術は北九州・名古屋・大分・姫路の富士岐工産の溶射技術解説:プラズマ溶射

解説・用語集

特性


溶射皮膜は緻密で粒子間結合、付着力が強い。溶射肌は滑らかで酸化物や不純物の混入も少ない。
またノズル近傍は高温でありますが、輻射によって急速に熱は発散し、被溶射体は低温(200℃以下)に保たれます。


プラズマ溶射装置

プラズマ溶射装置 METCO PLASMA FLAME SPRAY SYSTEM COMPLETE INSTALLATION


溶射材料


金属、合金、セラミックス、炭化物、サーメット等(メテコ社で開発された材料の一部を下表に示す。)

材料№ 組 成 主 な 特 性 融点℃ 熱膨張率
(×10-6/℃)
硬 さ
43 Ni-20%Cr 耐熱、高温耐食用 ≒1400 4.3 Rb 81
61 99.5%以上W 不活性あるいは還元雰囲気中で耐高温 ≒3410 6.5 Ra 45~50
62 99.5%以上Ta 高温用、鋼に自己結合 ≒3000 6.5 Ra 70
63 99.5%以上Mo 耐摩耗、溶融cu、鋼にも強くアークアブレ-ジョンにも強い ≒2630 4.9(20~100℃) Rc 30
70 Cr3C2 高温耐摩耗用 1890 8.82(20~120℃) Rc 37~40
72 12% Co-WC 耐摩耗用 軟化点1260以上 10.98(150~980℃) Rc 55~60
73 17% Co-WC 耐摩耗用 軟化点1260以上 ━━ Rc 60
81 25%(Ni-Cr)-75%Cr3C2 高温(540~815℃)における耐摩耗用 軟化点1400以上 ━━ Rc 50
101 2.5% TiO2-Al2O3 耐熱、耐摩耗、溶融Zn、Al、Coに強い ≒2010 ━━ Rc 55
105 Al2O3 耐熱、耐摩耗、断熱、絶縁 ≒2035 7.4(20~1480℃) Rc 60
106 Cr2C3 540℃までの耐摩耗 2435 7.4(20~1480℃) Rc 60
136 Cr2C3-5%SiO-3%TiO2 540℃までの耐摩耗 2435 9.0(20~1100℃) Rc 70
201 安定化 ZrO2 断熱845℃以上でのエロージョン 2535 9.0(20~1100℃) Rc 25
202 ZrO2-20% Y2O3 断熱845℃以上でのエロージョン 2480 10.1(1200℃) Rc 30
210 24% MgO-ZrO2 耐高温アブレ-ジョン、溶融金属にねれにくい 2140 ━━ Rb 105
438 75%(12%Co-WC)-(Ni-Al)-自溶合金 耐摩耗用 軟化点1040以上 ━━ Rc 65
447 5%mo-5.5%Al-残Ni 鋼に自己結合 軟化点1650以上 ━━ Rb 80
450 Ni-5%Al 鋼に自己結合 ≒1430 15 Rb 50
461 NiCoCrAlY 982℃までの耐熱、耐食 ≒1400 ━━ Rc 24

表のPDFデータはここからダウンロードできます