福岡・北九州・愛知・名古屋・大分・兵庫・姫路でプラントエンジニアリング・溶射技術・鉄鋼技術なら富士岐工産株式会社

会社情報

会社概要


所在地 〒807-0801 福岡県北九州市八幡西区本城4丁目8番16号
電話番号 電話:093(602)8670(代表)  FAX:093(601)0603
代表者 代表取締役  真鍋 聡
創立年月日 昭和34年4月25日
資本金 9800万円
事業内容 各種溶射・肉盛溶接・銅溶接・各種プラント設計・製作・据付・整備・製鉄所内各種常例作業
年間売上高 60億円
社員数 500名
取引銀行 福岡銀行・西日本シティ銀行・北九州銀行・みずほ銀行

会社沿革


昭和34年(1959年) 4月 富士岐工産株式会社設立(資本金200万円)
昭和34年(1959年) 8月 広畑出張所開設(姫路市広畑区)
昭和34年(1959年) 12月 日本製鉄㈱広畑製鉄所の登録業者となる
昭和36年(1961年) 8月 広畑製鉄所構外(姫路市広畑区鶴町)に広畑工場建設、耐熱耐摩耗特殊肉盛溶接開始
昭和37年(1962年) 10月 折尾工場(現 北九州市折尾)設置と共に八幡営業所を開設・溶射の研究を開始する
名古屋出張所開設(愛知県知多市)
昭和37年(1962年) 11月 大同特殊鋼㈱知多工場にて作業開始
昭和39年(1964年) 4月 名古屋出張所事務所新築移転(愛知県東海市)
昭和39年(1964年) 5月 中部鋼鈑㈱にて作業開始
昭和40年(1965年) 3月 東海製鐵㈱(現 日本製鉄㈱名古屋製鉄所)にて作業開始
昭和41年(1966年) 6月 名古屋出張所、支店に昇格
昭和42年(1967年) 1月 西日本電業㈱を買収し小倉工場を開設、プラントの設計・製作・据付工事開始
昭和42年(1967年) 6月 日本製鉄㈱広畑製鉄所内に鋳型整備センターを建設
昭和43年(1968年) 1月 八幡工場を建設し小倉工場を閉鎖統合(北九州市八幡西区本城)
昭和43年(1968年) 4月 大分出張所開設(大分市家島)
昭和43年(1968年) 12月 東海特殊鋼㈱(現 日本製鉄㈱名古屋製鉄所内)の作業開始
昭和44年(1969年) 4月 日本製鉄㈱名古屋製鉄所内に鋳型整備センターを建設
昭和45年(1970年) 9月 大分出張所大分工場建設移転(大分市三佐・大分製鉄所建設関連設備の受注)
昭和47年(1972年) 3月 プラズマ溶射機を導入
昭和50年(1975年) 12月 名古屋支店 山田社宅・独身寮建設
昭和51年(1976年) 11月 名古屋支店・大同特殊鋼㈱知多工場内に溶射設備を設置、溶射作業開始
昭和52年(1977年) 4月 日本製鉄㈱大分製鉄所指名業者となる
昭和53年(1978年) 5月 大同特殊鋼㈱築地工場にて作業開始
昭和55年(1980年) 10月 日本製鉄㈱名古屋製鉄所内に連鋳スラブ試片加工設備完成操業開始
昭和61年(1986年) 10月 本社 社屋建設移転(北九州市八幡西区本城:現所在地)
昭和62年(1987年) 9月 日本製鉄㈱大分製鉄所内に溶射設備を設置、溶射業務を開始
大分事業所事務所を大分製鉄所構内に移転(現所在地)
平成 2年(1990年) 9月 北九州市若松区に新工場を建設移転、北九州工場としてプラント・溶射業務の充実を期す
平成 4年(1992年) 11月 名古屋支店 新社屋建設移転(東海市富木島町:現所在地)
平成 8年(1996年) 4月 大分事業所 松岡工場建設(大分市松岡:現所在地)、溶射業務を拡大
平成11年(1999年) 10月 大同特殊鋼㈱知多工場内に溶射・溶接工場を開設
平成14年(2002年) 9月 大分事業所・松岡工場 ISO9001認証取得
平成15年(2003年) 6月 北九州工場 ISO9001認証取得
平成16年(2004年) 4月 北九州工場 プラント物件の海外調達本格化
平成16年(2004年) 11月 大分事業所 松岡工場増改築・工場事務所新築
平成17年(2005年) 5月 本社 ISO9001認証取得
平成20年(2008年) 8月 大分事業所 三川工場開設
平成21年(2009年) 3月 名古屋支店 新山田寮完成
平成21年(2009年) 11月 広畑事業所 ISO9001認証取得
平成23年(2011年) 4月 広畑事業所 新事務所完成、業務開始(広畑区鶴町:現所在地)
平成27年(2015年) 4月 知多市に新工場を建設、名古屋工場として溶射・溶接業務を拡大