プラズマ溶射・自溶合金溶射・ワイヤー溶射・高速フレーム溶射・インコネル肉盛溶接なら北九州・名古屋・大分・姫路の富士岐工産

表面改質事業

常に将来を見据えつつ溶射技術は今日の産業を支えています


溶射は、セラミックス・金属など多様な皮膜を高速で形成するプロセスであり、航空機から一般家庭電化製品に至るまで広い分野で応用されています。弊社の溶射は、50数年にわたる技術蓄積をもつプラズマ溶射・自溶合金溶射・ワイヤー溶射・高速フレーム溶射・コールドスプレーです。
また、溶接と溶射の複合技術としてインコネル肉盛溶接等、周辺技術の拡充に意欲的に取組んでいます。



メンテナンス技術として廃却部分が蘇る


酸素と可燃性ガスとの燃焼炎を用いてワイヤー状の金属系溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にして素材に吹き付けて皮膜を形成する溶射です。

肉盛溶射は、機械部品の摩耗した部分や寸法不足の部分の機能を損なわないように修復するのに適しています。また防食溶射には、素材金属に錆が発生するのを防止する、耐防錆溶射としての亜鉛・アルミニウム合金溶射があります。


シャフトへの肉盛溶射

シャフトへの肉盛溶射

煙突への防食溶射

煙突への防食溶射


ワイヤー溶射の技術的解説はこちら>>


優れた寿命を示すボイラーチューブ


ニッケル基、コバルト基の合金に、ホウ素・ケイ素を添加した自溶合金を溶射材料に用いて行う溶射です。
自溶合金は、溶射溶融によってピンホールのない溶着金属が得られます。この合金は、耐摩耗性、耐食性、耐熱性に優れており、ボイラーチューブ・各種ローラ等に適しています。


ボイラーチューブ

ボイラーチューブ

ボイラーチューブ溶射

ボイラーチューブ溶射

テーブルローラ

テーブルローラ


自溶合金溶射の技術的解説はこちら>>


多様な機能を与えるセラミックス


プラズマ溶射ガンで生ずるプラズマジェットを用いて、粉末状の溶射材料を加熱、加速し、溶融またはそれに近い状態にして素地に吹き付けて皮膜を形成する溶射です。
熱源であるプラズマジェットは、5000~16000℃と高温かつ高速のガス気流であり、金属系から高融点のセラミックス系まで広範囲な溶射材料が使用でき、印刷機部品、 炉内ローラ、ポンプスリーブ等の耐食、耐摩耗性に適しています。


印刷機シリンダー

印刷機シリンダー


高度な品質プラズマ皮膜


ボイラ水冷壁

ボイラ水冷壁

ポンプスリーブ

ポンプスリーブ

炉内ロール

炉内ロール


プラズマ溶射の技術的解説はこちら>>


溶射技術は表面改質技術として各種産業界から高く評価されています


大量の酸素、可燃性ガスとの燃焼炎と圧縮空気による高速フレームを熱源として、合金や炭化物サーメットなどの粉末状溶射材料に高い運動エネルギーを与え、緻密で気孔が少ない付着力の大きな皮膜を作る事ができます。


ロボットによる溶射作業

ロボットによる溶射作業

高速フレーム

高速フレーム

ロボットによる溶射作業の自動化

ロボットによる溶射作業の自動化


高速フレーム溶射の技術的解説はこちら>>


民間企業として日本国内で最初に導入
あなたと共に新しい皮膜を開発していきます


コールドスプレー法は、皮膜形成材料粉末をその溶融点以下の温度で、且つ、1000m/秒を超える速度(流速)の非酸化性ガス流中で加速し、被覆面に高速で衝突させて、酸化が少なく、緻密な皮膜を形成する最も新しい表面改質技術の1つです。

航空・宇宙産業や軍事産業のニーズに対して研究を進めているベンチャー企業のINOVATI社はヘリウムガスを使用したカイネティック メタリゼーション装置を数年前に開発しました。主な販売先はアメリカ・オーストラリア・中国の大学や研究機関に対し、約10台の装置が販売されています。
日本では、岩手県工業技術センターに平成18年11月に導入されており、国内では2台目となりますが、民間企業では初めての導入となります。(世界ではGEの研究所に次ぎ2台目です。)

今回、弊社が導入したKM装置はCDS3.0で最新式の装置です。導入に際して、皮膜の膜厚の均一性等の品質に重要な役割を果たす6軸ロボットは安川電機㈱製を導入し、自社で開発を進めます。(大型製品への適用開発も並行して行います。)


カイネティック メタリゼーション装置

カイネティック メタリゼーション装置

耐摩耗(WC-Co)皮膜コーディング状況

耐摩耗(WC-Co)皮膜コーディング状況

皮膜断面組織写真

皮膜断面組織写真


独自の自動肉盛装置により、低コストと高品質を両立


インコネルは、ニッケルを主成分とした高い耐食性と耐摩耗性を持つ非鉄金属です。この技術は、主にOG設備や工業用ボイラで多くの実績を上げています。
弊社では、独自の自動肉盛溶接を開発し、低コストと高品質を両立することに成功いたしました。
また弊社の持つプラントエンジニアリング技術と融合させることにより、製作・肉盛溶射・据付まで一貫した施工体制でお客様のニーズにお応えいたします。


パネル肉盛状況

パネル肉盛状況


肉盛+曲げ加工品

肉盛+曲げ加工品


円周連続肉盛

円周連続肉盛