溶射技術は北九州・名古屋・大分・姫路の富士岐工産の溶射技術解説:自溶合金溶射

解説・用語集

特性


1.皮膜は再溶融において合金中のBやSiがB2O3、SiO2となり、他の金属 酸化物を硼珪酸ガラスとして溶解浮上させるので、 酸化物の含有が極めて少なくなりしかも無気孔となります。

2.皮膜の粒子は互いに溶着すると同時に素地金属と相互拡散して、その中間に合金層を形成し溶着します。

3.Ni-Cr個溶体中に介在するCr硼化物、更にCを含有する合金では、Cr炭化物によって高硬度を示し、優れた耐摩耗性を有します。

4.NiおよびCo基合金であることから耐酸化性、耐食性に優れています。


溶射材料


種別 JIS記号 化学成分% 備考 硬さ
HRC
相当銘柄
Ni Cr B Si C Fe Co その他
Ni系 MSFNi 1 残部 0~10 1.0~2.5 1.5~3.5 <0.25 <4 <1 <4Cu 研削容易、耐食、耐熱性 15~30 メテコ12C
フクダロイFP30
MSFNi 2 残部 9〜11 1.5~3.5 2.0~3.5 <0.5 <4 <1 超硬バイト仕上可能。耐食、耐熱性 30~40 フクダロイFP 4
MSFNi 3 残部 10〜15 2.0~4.5 3.0~4.5 0.4
0.7
<5 <1   超硬バイト仕上可能 であるが研削が 望ましい。耐食、耐熱性 40~50 メテコ 14E
フクダロイFP 5
MSFNi 4 残部 12〜17 3.5~5.0 3.5~5.0 0.4
0.9
<5 <1

<4Mo
<4Cu

研削が適当。
耐摩、耐食、耐熱性
50~60 メテコ 16C
フクダロイP 61
MSFNi 5 残部 15〜20 2.0~4.5 2.0~4.5 0.5
1.1
<5 <1 研削が適当。
耐摩、耐食、耐熱性
55~65 メテコ 18C
フクダロイFP 6.7
Co系 MSFCo 1 10〜30 16〜21 1.5~4.0 2.0~3.0 <1.5 <5 残部 <10W 研削が望ましい。
じん性があり
高温での耐食、耐摩耗性
35~50 メテコ 18C
フクダロイFP 150
MSFCo 2 0〜15 19〜24 2.0~3.0 1.5~3.0 <1.5 <5 残部 4〜15W 研削が適当
高温での耐食、耐摩耗性
50~65 デロロ
フクダロイFP 160
WC系 MSFWC 1 20~80WC MSCo 1 残部 耐摩耗性が特に優れている。 45~55 メテコ35C
MSFWC 2 20~80WC MSFNi 4またはMSFNi 5 残部 55~65 メテコ34F
メテコ36C

表のPDFデータはここからダウンロードできます