溶射技術は北九州・名古屋・大分・姫路の富士岐工産の溶射技術解説:溶射プロセス

解説・用語集

現在、各種の溶射プロセスが開発、実用化されています。
各プロセスの特徴と限界を的確に把握し、溶射設計する事が基本であります。


用途


  基本構造 皮膜断面組織





O2C2H2を熱源として、
圧縮空気で溶射する。





O2C2H2で溶射したあと、
加熱溶着する。





プラズマジェット
(高温、高速) を熱源
として 高融点材料
を溶射 する。







O2-C3H6(又はH2)の
ガス燃焼 フレームを
熱源として、超音速
(約1380m/秒)の
ガスジェットで、
主に高硬度材料を
溶射する。

表のPDFデータはここからダウンロードできます